グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カリキュラム・4年間の流れ

交換留学生との交流


留学生とともに活動することで異文化共生の課題を発見

異文化コミュニケーション学部では、日本人学生と世界各国から来た交換留学生がサービスラーニングや学外活動などを通じて交流する機会を多く設けています。交換留学生は大学の外の日本社会を知り、日本という国をより深く理解するきっかけに。日本人学生もまた、価値観の異なる交換留学生と行動することで日本社会のさまざまな課題に気づきやすくなります。発見した課題をともに共有しながら、地域とつながり、多様なコミュニケーションを経験することができます。

授業・イベント例

English Camp(サービスラーニングC)

地域連携活動として豊島区(東京都)や陸前高田市(岩手県)の小中学生に対して、アクティビティを交えながら英語を教えます。

子ども食堂

NPOと連携し、ボランティア活動を行います。

高校生との交流企画

地域の高校生と外国人留学生の英語での交流イベントを開催しています。

この他にもウェルカムパーティーやクリスマスパーティーなどの季節のイベントも開催しています。
その他のイベントも定期的に開催しています。

Study Abroad Ambassador Program

交換留学生が日本での生活に1日も早く慣れるよう、日本人学生がバディとなってサポートしたり、留学生・留学準備室などが企画するイベントなどでスタッフの一員として活動します。留学生と会話する機会が多く、日本語チューターとしての役割も果たすため、互いの語学力が向上し、留学生の母国の文化への理解が深まります。

パーティーの様子

バディ募集の説明会

交換留学生の声

Marica Hilaire

Outside-of-Class Programs
Appealing, Exploring, Challenging - Life at CIC
go top