学部について

学部について

学部長メッセージ

「異文化コミュニケーション」と聞くと、海外の人との外国語での交流を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、私たちはこの言葉をもっと広く深いものとしてとらえています。自分とは異なる考えを持つ他者とどう向き合うか、価値観の違いを生み出す文化や社会背景をどのように理解するか、多様性や違いを前提としつつ、いかに他者と共に生きていくべきなのか。このような問題について考えることすべてが異文化コミュニケーションだと考えているのです。日本の、そして世界の多様性に触れるためには、日本語を含む言語の高い運用能力が必要です。しかし、異文化コミュニケーション学部の学生が目指すのは「言葉を上手に使う」ことだけではなく、その力を生かしてさまざまな場で他者と他者をつなぎ、多様性が尊重される社会に貢献していくことです。そのために、言語やコミュニケーションの働き、文化と社会と人との関係について専門的に学ぶカリキュラム、また、海外留学研修、フィールドワーク、サービスラーニングなど、知識とスキルを実際に応用しながら学ぶ場を準備しています。他者と向き合うことは、同時に自分について考えること。4年間この学部でじっくり学び体験を積み重ねることで、あなたも、今とは異なる自分になっているはずです。自分とは違うものへの好奇心にあふれた、意欲あるみなさんを待っています。