地域貢献

社会、コミュニティの一員として、自分に何ができるかを常に考え、そして、行動できる人材を育成するために、学部では異文化コミュニケーション学部ならではの地域連携活動を実施しています。

立教日本語教室

立教日本語教室

豊島区と連携して、日本語を母語としない人々の日本語学習を支援しています。学部や大学院で日本語教員になるための科目を履修している学生が中心となり、週に2回、立教大学で日本語教室を開いています。一人ひとりの参加者に寄り添って、教材も自分たちで作成しています。

English Camp

English Camp

豊島区の中学生をキャンパスに招き、英語だけで過ごす体験を。異文化コミュニケーション学部の日本人学生と外国人留学生が協力して、さまざまなアクティビティを企画。英語の楽しさにふれるきっかけづくりをお手伝いしました。

「英語って楽しい!」をみんなに。写真左:飯田 直人 4 年(立教新座高等学校出身)、写真右:宮原 聡里 4 年(浦和明の星女子高等学校出身)

「英語って楽しい!」をみんなに。

「高校生の時、外国の人に道を尋ねられて、片言でも一生懸命話したら伝わったんです。そのうれしかった経験をみんなにも与えられたら、という気持ちで取り組んでいます。うれしい顔を見られると、やりがいを感じますね」(飯田)

 

「先生と生徒じゃなくフラットな関係で、英語を好きになるきっかけをつくってあげたい。それがこの企画の発端です。楽しんでくれているとこっちもうれしくて、私たちにとっても貴重な体験になります」(宮原)