インタビュー

インターンシップ(学部正課科目)

現地ボランティアだけではなかった国際協力活動の仕事

王 心卉

現地ボランティアだけではなかった国際協力活動の仕事

[インターンシップ先]
ADRA Japan王 心卉
異文化コミュニケーション学部4年
北京市育英中学(中国)出身

数年前にシリアからの難民を乗せた船が地中海で転覆したニュースを知り、国際協力に興味を持つようになりました。ADRA Japanは国際協力と国内緊急援助を軸に活動している団体なので注目していましたが、具体的な仕事内容までは想像できませんでした。インターン期間中はグローバルフェスタ JAPAN 2019の展示ブースの準備などを行いました。国際協力と聞くと、現地でのボランティア活動しか思い浮かばなかったのですが、実際に仕事をしてみると、広報活動や書類作成など様々な職種があることがわかり、自分にも多くの可能性があるのだと気づかされました。

社会で活躍する卒業生

この学部は自分の思考を
限りなく広げてくれた

山永 航太

この学部は自分の思考を限りなく広げてくれた

株式会社POL
カスタマーサクセス部
山永 航太 さん 2016年3月卒業

私は楽天株式会社で採用業務を担当後、ベンチャー企業に転職しました。異文化コミュニケーション学部を選んだ動機にも通じますが、今は「少ないメンバーでチーム感を持って」仕事をしています。この学部では、留学後に「自分の留学」だけでなく「仲間の留学」に目を向ける機会があり、同じ経験や全く異なる経験を語り合うなかで、学びを何段階も深めることができます。もちろん「自分の留学」について、どこへ留学し何をするか(What)、なぜそこに行くのか(Why)、そこで何を得たいか(Goal)を定める目的意識も大切です。自分の思考を広げてくれたこの学部のOBとして、みなさんの挑戦をお待ちしています!

出会いが導いた
将来の道筋。

前野 さち

出会いが導いた将来の道筋。

日本航空株式会社
貨物郵便本部
前野 さち さん 2018年3月卒業

大学4年間を通して中国文化について学び、海外研修では上海に留学しました。留学先では言語の習得だけでなく、多様な背景を持つ人々との出会いにより自分の固定観念や先入観を払拭できたと考えています。多くの出会いにより自己成長できたことから、卒業後は出会いを提供できる人材になりたいと考え、現在の道を選択しました。この学部では様々なことに挑戦できるフィールドが揃っており、そこから得る学びは将来の夢やそれに対する道筋を創造してくれるでしょう。皆さんも異文化コミュニケーション学部で自分自身や未来の可能性のために挑戦してみてください。

就職先企業(過年度分)
  • 日本マイクロソフト
  • ヤフー
  • エヌ・ティ・ティ・データ
  • キヤノン
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • 日本アイ・ビー・エム
  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン
  • アビームコンサルティング
  • デロイトトーマツ
  • リクルートホールディングス
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 住友商事
  • 双日
  • 成田国際空港
  • 日本航空
  • 全日本空輸
  • 本田技研工業
  • キリンホールディングス
  • キユーピー
  • 東京ガス
  • 東宝
  • 日本放送協会
  • 日本テレビ放送網
  • 大日本印刷
  • サイマル・インターナショナル
  • JTBグローバルマーケティング&トラベル
  • 宇宙航空研究開発機構
  • 日本貿易振興機構 など