5年一貫プログラム

異文化コミュニケーション学部では、学部入学時から大学院進学を目指す者を対象に、5年間で大学院修士の学位を取得できるコースを新設します。このコースを志望する者を募集する制度として、2019年度入試より自由選抜入試において新方式を実施します。なお、従来方式の募集は継続します。

目的

明確な将来のキャリアビジョンを有し、学部入学時から大学院進学を目指す人材を獲得し、多文化共生社会の諸問題に積極的に取り組む力を養う異文化コミュニケーション学部の教育を、学部から大学院まで一貫したプログラムにより提供します。

5年一貫プログラムのメリット

明確な職業を目指して5年間を有意義に過ごせる。

入学時からコース分野の専門教員がアドバイザーとして学生を担当し、5年間の学びを導く。

学部の「海外留学研修」では、個々の学生の領域分野が学べる、またはインターンとして実践力を身につけることのできる大学への留学を推奨する。

同じ専門を持つ大学院生がテューターとして履修や勉強の相談に乗ってくれる。

学部1年次から、アドバイザーの専門演習の見学が可能。

半期あるいは1年の海外留学研修に参加しても、しっかりと5年で修了可能。

5年一貫プログラムの流れ

5年一貫プログラム5年一貫プログラム

新方式の概要

募集コース

通訳翻訳専門コース:プロの通訳者、翻訳者を目指すコース

英語教育専門コース:中学、高校の英語教員を目指すコース

日本語教育専門コース:国内外の高等教育機関の日本語教員を目指すコース

国際協力専門コース:国際協力NGO、国際機関などの職員を目指すコース

募集人員

定員5名程度

出願書類

①入学志願票
②志望理由書
③学修・研究計画書
④調査書
⑤推薦状
⑥証明書類(英語資絡・検定試験証明書類)

実施時期

自由選抜入試日程(第2次選考は11月中旬実施予定)

選考方法

・第1次選考:出願書類をもとに書類選考
・第2次選考:面接試験(志望理由書、学修・研究計画書など出願書類をもとに、日英両言語で実施)

出願資格

次の 1-3 の条件をすべて満たす者。

  • 1.次の(a)・(b)のいずれかに該当する者。
    1. (a)2017年4月から2019年3月までに高等学校(中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部を含む。以下同じ)を卒業する者。
    2. (b)本学において、個別の入学資格審査により、上記(a)に準ずると認められる者。
  • 2.本学異文化コミュニケーション学部・研究科での勉学に強い意欲を持つ者。
  • 3.以下の資格Ⅰ~Ⅳのいずれかに該当する者。
    • 【資絡Ⅰ】 通訳翻訳専門コース

      IELTS 6.0 以上、TOEFL iBT スコア 80点以上、TEAP(Reading/Listening+Writing+Speaking) スコア 363点以上のいずれかを取得している者。

      【資絡Ⅱ】 英語教育専門コース

      IELTS 5.5 以上、TOEFL iBT スコア 70点以上、TEAP( Reading/Listening+Writing+Speaking) スコア 327点以上のいずれかを取得している者。

      【資絡Ⅲ】 日本語教育専門コース

      IELTS 5.0 以上、TOEFL iBT スコア 60点以上、TEAP (Reading/Listening+Writing+Speaking) スコア 291点以上のいずれかを取得している者。

      【資絡Ⅳ】 国際協力専門コース

      IELTS 5.0 以上、TOEFL iBT スコア 60点以上、TEAP(Reading/Listening+Writing+Speaking) スコア 291点以上のいずれかを取得している者。

異文化コミュニケーション学部:出願条件1(b)の詳細内容について

  • (1)外国において、学校教育における12年の課程を2017年4月から2019年3月31日までに修了見込みの者。
  • (2)日本国内において、高等学校に対応する外国の学校の課程(その修了者が当該外国の学校教育における12年の課程を修了したとされるものに限る。)と同等の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設の当該課程を2017年4月から2019年3月31日までに修了見込みの者で、2019年3月31日までに満18歳に達するもの。
  • (3)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を2017年4月から2019年3月31日までに修了見込みの者。
  • (4)外国人を対象に教育を行うことを目的として日本国内に設置された教育施設であって、その教育活動等について、文部科学大臣が指定する国際的な評価団体の認定を受けたものに置かれる12年の課程を2017年4月から2019年3月31日までに修了見込みの者で、2019年3月31日までに満18歳に達するもの。
  • (5)その他、本学において、2017年4月から2019年3月31日までに高等学校を卒業した者と同等以上の学力が備わる見込みがあると認めた者で、2019年3月31日までに満18歳に達するもの。

    ※ここでいう「高等学校を卒業した者と同等以上の学力が備わる見込みがあると認めた者」には、高等専門学校の3年次を修了見込みの者、専修学校の高等課程を修了見込みの者、高等学校卒業程度認定試験に合格見込みの者は含めない。

*新方式では、高等学校等卒業見込者(現役受験生)に加え、本入試が実施される前年度(2019年度入試においては、2017年4月)以降の卒業に限り高等学校等卒業者(既卒受験生)の出願が可能です。

注意事項(併願制度について)

・自由選抜入試の出願は1学科に限ります。自由選抜入試間での併願はできません。

・新方式は、国際コース選抜入試異文化コミュニケーション学部およびグローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)秋季実施との併願はできません。

・一般入試および大学入試センター試験利用入試への出願は妨げません。

詳細は必ず入試要項をご確認ください。